Masaemonの趣味日記

料理・絵を中心に趣味や興味があることについて自由気ままに書いていくサイト。

ぬいぐるみ病院を利用しました。

十数年前から、妻がごりらのぬいぐるみを大事に持っています。

f:id:masaemon2:20160610213408j:plain

その名も「ごりおさん」。

そんななか、今年の3月頃にぬいぐるみ病院、というぬいぐるみの修繕を行っているところがある、と話題になりました。

f:id:masaemon2:20160602164613j:plain

nuigurumi-hospital.jp

ごりおさんにリフレッシュして貰いたい、ということで予約を取って入院してもらうことに。入院手続きをしたのは妻なのですが、近くで見ていて面白いというか感動したので、今回は、ぬいぐるみ病院について記載したいと思います。

1.問診票の入力

まずは病院でいつ入院できるのか?をメールで問い合わせをしました。その後、問診票にエステや希望コース、生年月日、名前、年齢、などなどを記載します。当然、ぬいぐるみの生年月日ですw

2.いよいよ入院!

3月に申し込みを行い、5月末に入院。ぬいぐるみ病院は大阪にあるので、ぬいぐるみを郵送します。

f:id:masaemon2:20160610214516j:plain

いってらっしゃーい!

(ぬいぐるみ病院では郵送費、と書かずに旅費と記載していました。)

3.手術状況や近況をWebで連絡

ぬいぐるいみ病院に入院後は、家族専用ページにて近況を確認できます。凄いですね・・・。

まずは、いのの医師による診察。

f:id:masaemon2:20160602164509j:plain

お次は綿の取り出しと、エステ(洗浄のことです)。

f:id:masaemon2:20160604185402j:plain

かならぺらっぺらな状態に!

・・・こんな状態になってきちんともとに戻るのか?!とちょっと不安になりました。

しかし、綿入れ替え後の写真を見ると

f:id:masaemon2:20160610215417j:plain

見事に元に戻りました!

どこから綿を取り出して、どうやって元の形状になるように戻したんだろう。

技術が凄すぎます。

4.最後に交流会

手術完了後は、ほかの入院患者さんと交流会。

f:id:masaemon2:20160610215734j:plain

 これだけぬいぐるみが集まると凄いですね!

ごりおさんは全長30cmとかなり大柄な方なのですが、それより大きなサイズのぬいぐるみが沢山ひしめきあっています。

ちなみに交流会は、ノマばあさんの「人生を豊かにする6つの知恵の飛び出す絵本」を皆で読んでいたそうです。

・・・・内容が気になりすぎる。

5.無事退院

 そして本日退院してきました!

f:id:masaemon2:20160610220335j:plain

りぼんで綺麗にラッピングされています。

f:id:masaemon2:20160610220402j:plain

ほかに、写真データ、以前体に入っていた綿、薬(飴玉です)、お手紙が同梱されていました。

ごりおさん、こんな綿が入っていたのですね。驚きです。

6.利用してみて

今回の入院費用、1万7千円ぐらい掛かっています。

「新しいぬいぐるみを買った方が良いんじゃないか?」と思うかもしれませんが、当事者にとって代わりは居ないんですよね。ぬいぐるみを好きで購入されている方はわかるかと思いますが、量産品のぬいぐるみであってもひとつひとつばらつきがあります。表情だったり、体系だったり。

自分も最近キイロイトリに嵌って、いろいろなぬいぐるみを直に見ているせいか、「代わりは居ない」ということを少しずつ感じています。

自分のぬいぐるみが入院したわけではありませんが、そばで入院・退院を見ると色々不思議な気持ちになりました。

機会があれば、自分のぬいぐるみも入院させたいですね。

 

・・・