Masaemonの趣味日記

料理・絵を中心に趣味や興味があることについて自由気ままに書いていくサイト。

パシフィックリム・アプライジングを4DXで観てきた。

パシフィックリム・アプライジングを観てきました。

前作から4年8か月経過したんですね・・・。

 

masaemon2.hatenablog.com 

今回はせっかくなので4DXを実装している劇場で見ることに。

やっぱり吹替上映でしょ!と、4DX+日本語吹き替えやっている時間帯を調べると近くではワールドポーターズイオンシネマしかないw というわけで朝8:45の回に行ってきました。

f:id:masaemon2:20180422083402j:plain

スクリーン入り口のディスプレイだけでテンションが上がります!

f:id:masaemon2:20180422083832j:plain

座席はシートベルトとかなく、やや高めの席に座るのみ。

f:id:masaemon2:20180422083921j:plain

着席して上映を待ちます。

f:id:masaemon2:20180422084026j:plain

 

以下感想ですが、ネタバレも含みますのでご注意を。

 

 

前作もそうだったように、今作も主人公の語りから入ります。

前作から劇中にて10年後。主人公は前作の司令官の息子なのですね。

前作は怪獣が地球上に出現し、協力して立ち向かうという一本筋でしたが、今作は乗員不明なイェーガーが登場してちょっとミステリー要素もはいります。(ミステリーってほどでもないけど)

女社長が怪しいかと思いきや・・・な展開。

 

 

ただ中盤以降はイェーガーとイェーガー、イェーガーと怪獣が闘う。そんな映画。

ロボ物が好きなら間違いなく楽しめる内容です。

最初と最後で出てくるスクラッパーという小さいイェーガーが心憎いですね。

女社長が最初と最後で印象がかなり違うのが面白いですw

(

やっぱりロボが飛ぶのは浪漫があふれるよなぁ・・・。

「自分が何者か、決めるのは自分自身だ」というのは良いメッセージですね。

悪役怪獣が合体するのはお約束ですよね。

後、前作はクライマックスのシーンが夜だったせいでイェーガーと怪獣が何をやっているか良く分からなかったシーンもあったのですが、今作は真昼間の東京のど真ん中のシーンがメイン!

イェーガーは吹き飛ばされ、ビルが倒れ、怪獣は暴れて。

ウルトラマンのような特撮をちょっと見てるようにも感じました。

 

ただね。そういった細かい事は置いておいて、

前作同様頭を空っぽにして観る映画です。

細かい事は良いんだよ!って感じ。

 

肝心の4DXでしたが、主人公が廃墟内を駆け回るシーン(開始して1分足らずのところ)から座席が揺れ始めます。シートベルト無いから気持ち揺れる程度かな?と思いきや結構揺れるww

煙が出たりだとか、水がかかったりだとか。初めて4DXを体験しましたが、凄く楽しいし、臨場感がありますね。アクション要素満載の映画には良くあいます。

ともあれ休日を楽しめました。

 

ノベライズもあるとのこと。心理描写とか設定などかなり細かく記載があるとのこと。

パシフィック・リム:アップライジング (角川文庫)

パシフィック・リム:アップライジング (角川文庫)

 

 

続編を思わせるようなエンディングだったので、もし次回作があれば次にも期待!